高齢者の食欲不振、理由別対処法と健康状態のリスク回避レシピもご紹介

高齢のご家族が最近食事を食べたがらない、以前よりも食事量が減ってしまったと言う事はありませんか?

インターネットの介護相談等でも高齢の家族の食欲不振を何とか改善できないかという投稿が多くあり、どの様な食事なら食べてもらえるのか悩んでいる人が多くいる事がわかります。

高齢者の食欲不振は多くの場合加齢による身体機能の低下や心身の病気が関連していますが、「高齢だから」と食欲不振によって食事量が少ない状態をそのままにしてしまうと、栄養状態の悪化によって、活動量や免疫力の低下認知機能の低下を引き起こすというリスクもあります。

よって、心身共に健康な状態で長生きするためには食欲不振にも早めに対処をする必要があります。食欲不振の原因が加齢による身体機能や心身の病気のためと言っても、その状況は高齢者一人一人によって違い、対処法も違います。

本記事では高齢者が食欲不振に陥る具体的な理由と理由ごとの対処法についてお伝えします。まずはどの様な事が食欲不振を招いているのかを知り、できる事からはじめましょう。

高齢者が食欲不振に陥る5つの理由

高齢者が食欲不振に陥る5つの理由

高齢者が食欲不振に陥る理由の多くは加齢による身体機能の低下や心身の持病によるものですが、例えば消化吸収機能や噛む力、飲み込む力等どの様な機能が低下しているかによってもその後の対処法が違ってくるため、まずは食欲不振の理由がどこにあるのかを知る事も大切です。ここからは食欲不振に陥る5つの理由についてお伝えします。

活動量や消化吸収機能が低下し、お腹が空きにくい

高齢になり足腰の痛み等で活動量が減る事で消費カロリーも減り空腹感を感じにくくなる事や、加齢による消化液の分泌量が減少する事によって食べ物の消化吸収機能が低下する事で胃もたれしやすくなり、空腹になるまで時間がかかる事が食欲不振の原因となる事が多くあります。

加齢に伴う自然な減少と捉えがちですが、空腹を感じないからと食事の回数を減らしたりしてしまうと体内リズムが乱れ、更に消化液の分泌が減り、食事量が減る事でカロリー不足となり活動量が落ちていく・・・と悪循環に陥ってしまう事も多くあります。

嗅覚や味覚が低下し、食事が美味しく感じない

嗅覚や味覚の低下も高齢による身体機能の低下による症状の一つとして挙げられ、嗅覚は食べ物を口に入れる前の食欲を刺激する事にも影響し、味覚が低下する事でこれまでと同じ味付けでは味を感じない等、食事を前にしても食欲が刺激されず、食事が美味しく感じられなくなった事が食欲の低下に繋がる事もあります。

この場合は料理の香りを感じやすい食材や温度、味を感じやすい味付けにする事で対処する事ができます。

噛む力や飲み込む力の低下で楽しく食べられない

高齢による身体機能の低下の中で、特に食事をする事に影響するのが噛む力や飲み込む力の低下です。

その他にも入れ歯が合わないといった事で食べ物の咀嚼がうまくいかないといった事も理由として挙げられます。

思い通りに食べ物が噛めない事で食事に時間がかかり、完食する前に疲れてしまったり、飲み込みがうまくいかないためにむせる、喉に詰まりそうになる等の危険を感じる事で食事に対し嫌悪感を抱いてしまう人もいます。

この場合も食べやすい食材や調理法を選択する事で対処が可能ですが、噛む力や飲み込む力が低下している事に気づく事が遅れると、窒息や食べ物が気官を通して肺に入り込み肺炎を起こす誤嚥性肺炎等命に関わる事があるため、食欲不振が見られる時は咀嚼している様子や飲み込む際にむせていないか等を観察し、噛む力や飲み込む力の状況を確認する事も大切です。

身体の病気による食欲不振

胃腸の病気や悪性の腫瘍等身体に病気を抱えている場合は胃腸の痛みや不快感等病気そのものの症状の他、吐き気や味覚障害、腹部膨満感等の薬の副作用や病気に対する不安感等によっても食欲不振を引き起こす事があります。

この場合は自己判断で食事内容を変える事は病気の経過等に影響する事もあるため、主治医に相談の上消化吸収の観点で注意が必要な食材や、飲んでいる薬の効果を増強させたり妨げてしまうため避けるべき食材等を確認し、食事作りをする必要があります。

うつ病や認知症による食欲不振

食欲不振はうつ病の症状として意欲低下等とあわせてよく知られる症状ではありますが、高齢者の場合うつ病の典型的な症状が揃って現れにくく診断が難しい事や、うつ病の原因もストレス等の精神的負担以外にも脳の血管の病気が原因になる事も考えられており、高齢者の食欲不振の原因としてうつ病が見逃されがちである事は多いと言われています。

また、認知症がある場合は食卓に多くの品数が並んでいると混乱して食事ができなかったり、幻視により食べ物が虫等の食べ物以外の物に見えてしまう事があります。

この場合はうつ病や認知症等の根本的な原因への対処が必要である他、無理に食事を促すと精神的負担が増し、症状が悪化しかねないため、心療内科や精神科等で適切な治療や服薬をしながら食べやすい食事を作る工夫をしていく事が大切です。

高齢者の食欲不振の理由別対処法

高齢者の食欲不振の理由別対処法

ここまでお伝えしてきた様に、高齢者の食欲不振の原因は様々であり、その人によって抱える問題は違います。

その対処法も、軟らかい食事や味付けの仕方等食事の工夫で対処できるものもありますが、身体の病気、うつ病や認知症等根本的な病気への対処も並行して行っていく必要があるケースもあります。

ここからは、高齢者の食欲不振における理由別の対処法についてお伝えします。

生活リズムを整え、消化が良い食材を取り入れる

活動量の低下によって食欲が低下しがちな高齢者にとっては、生活リズムを整える事である程度決まった時間に空腹感を感じる様に体内リズムを作っていく事が大切です。

朝は寝室に光を入れ、食事の時間は多少前後してもある程度のめやすを決めて3食摂る様にしましょう。

食欲が低下するとお菓子や甘い飲み物等の嗜好品で食事を済ませてしまうといったケースも少なくありませんが、栄養のバランスが崩れる事で栄養状態が低下してしまう危険性があるため、嗜好品も3食の食事で不足したカロリーやたんぱく質等を補うものとして時間を決めて食べる様にしましょう。

そうする事で、次の食事の時間にお腹が空かないといった事も少なくなるでしょう。

また、消化液の分泌量が減少し、消化吸収機能が低下してきた高齢者にとっては、揚げ物等油を多く使った料理や脂身の多い肉類等は消化に時間がかかり胃の中にいつまでも留まるため、胃もたれを起こしやすくなります。

消化の良さで選ぶのであれば、魚であれば白身等の淡白なもの、肉類であれば皮を取り除いた鶏肉や脂肪が少ない赤身のものが適しています。

胃もたれしやすい油は敬遠されがちですが、皮膚の健康や栄養の吸収にも必要な食品なので、胃腸に負担をかけにくい種類の油を選んで使用しましょう。

胃の中に留まる時間が短いとされるオリーブ油や、酸化しにくい米油は胃もたれしにくい油とされています。

その他、マヨネーズやバター等乳化された油も消化が良い油です。卵や牛乳、ヨーグルト、チーズ等の乳製品も栄養をバランス良く含み、消化も良いのでおすすめの食材です。

食事の味付けや温度、見た目に配慮する

味覚や嗅覚が低下している場合には、ふり塩やタレを料理の表面に塗る等の味を感じやすい調理方法にする事や、例えばメインの肉や魚は主食がすすむしっかりとした味付けにし、付け合わせの野菜等は薄味にするといった様に味付けにメリハリを付ける事で対処できる場合があります。

また、食事の温度は温かい方が感じやすいので、汁物や肉や魚等のメインの料理はできるだけ温かい状態で食卓に出すのも一つの方法です。

胃腸に持病があり、刺激物を控える様に主治医から指示がある場合を除いては、カレー粉や胡椒、山椒等のスパイスも嗅覚を刺激し、消化液の分泌も促すので有効と言えます。

また、視覚からも食欲は刺激されるため、ご飯や野菜を型抜きにしたり食器に季節感を持たせる等見た目に配慮する等見た目に配慮する事も大切です。

視覚が低下していて食事の内容が分かりづらい様子があれば、「今日は季節ものの鯛を煮魚にしましたよ」といった様に、食材の種類や調理法が伝わるような声がけをするのも良いでしょう。

高齢者でも食べやすい、軟かく飲み込みやすい食事を作る

噛む力や飲み込む力の低下によってこれまでの食事内容が食べにくくなり、食欲の低下に繋がっている場合は、まずは高齢者にとって食べにくい食品と食べやすい食品を把握し、軟らかく喉ごしが良い食事にシフトしていく必要性があります。

生野菜やごぼう等の繊維が長い野菜は噛み切りにくいため、火を通して舌で潰せる軟らかさにしたり、繊維を短く断ち切る様にすると歯切れが良くなり食べやすくなります。

こんにゃく、イカ、タコ等の弾力があるものは加熱をしても弾力が残り、噛み切りにくいだけではなく喉に詰まる危険性もあるため使用を控え、葛切りや魚のすり身等で代用するのが無難です。

喉に詰まりやすい食品としては餅やパンが挙げられますが、行事等で餅を食べる場合は介護食用の歯切れのよい餅にしたり、パンは卵液やポタージュスープ等に浸す事で軟らかく喉ごしが良くなります。

飲み込む力が低下している場合はさらさらとした水やみそ汁等の液体は急激に喉に到達し、むせやすくなるので介護用のとろみ剤等でとろみを付けると安心です。

高齢者が食べやすい食品の形態として、ミンチ状、ゼリー状、ムース状、ピューレ状等が挙げられますが、特にまだ歯が残っている場合等は一律に食事の形態を変えてしまうとかえって食欲が低下する原因になる事もあります。

葉物野菜の葉先や芋類等舌で潰せる硬さで調理ができるものは形を残したり、食べにくい食品は食べやすくする工夫をする事で食べられる食品の幅を狭めない事も大切です。

・高齢者にとって食べにくい食品

食べにくい理由 形状 食品・料理例 対処法
硬い野菜 生野菜、サラダ等 火を通して軟らかく調理する
繊維が残る野菜 たけのこ、ごぼう、ふき、セロリ等 繊維を断ち切る様に短く切るか、他の食品を使用する
弾力が強いもの こんにゃく、イカ、タコ、きのこ等 ・こんにゃく、イカ、タコは使用を控え、他の食品で代用する
・きのこは小さく切ってあんにからめる
長さがあるもの 麺類等 スプーン等ですくえる長さに切って煮込む
酸っぱいもの 酢の物、レモン等 酸味を抑える
むせやすい さらさらした水分 味噌汁、すまし汁、お茶、水等 とろみを付ける
口の中でまとまりにくい 口の中に張り付くもの のり、わかめ、等 お粥等まとまりのあるものに混ぜる
水分が少なく、ぼそぼそするもの 高野豆腐、がんもどき、油揚げ等 豆腐等他の食品に変更するか、とろみを付けた多めの煮汁をからめる
喉に詰まりやすい 粘りが強い物、口の中の水分を奪うもの 餅、パン等 ・餅は歯切れの良い介護食用の物にする
・パンは卵液やスープ等に浸す

・高齢者にとって食べやすい食品

形状 食品・料理例
ミンチ状で、まとまりのあるもの ハンバーグ、つくね等
ゼリー状のもの ゼリー、水羊羹等
プリン状のもの プリン、具なし茶碗蒸し、卵豆腐、ムース等
ポタージュ・ルウ状のもの カレー、シチュー、ポタージュスープ等
ピューレ状のもの 野菜、果物のピューレ等
乳化されたもの ヨーグルト、アイスクリーム等
軟らかい主食 お粥、パン粥、軟飯、煮込みうどん等

可能な範囲で嗜好も尊重し、症状に合わせた食事作りをする

身体の病気による症状や薬の副作用によって食欲不振に陥っている場合は、主治医と相談しながら治療等に影響が無い範囲内でその人が好きなものを取り入れたり、食べたい物や反対に今は食べたくない物等に耳を傾け、要望に沿った食事を提供する事で気持ちが和らぎ、いつもより食がすすむといった事もあります。

病気によって症状が異なるため、個人個人で対応は異なる事が多いですが、胃腸の調子が悪い時や薬の副作用によって吐き気や腹部膨満感がある時は、匂いが少なく、さっぱりとした味付けでのど越しが良い冷たい麺類やフルーツ等がこれまでの経験上では好まれる傾向があります。

匂いを少なくするには、冷たい状態で食べられる食事にしたり、肉や魚は一時的に豆腐等に変える、多くの野菜類を混ぜて使用しないといった方法があります。

また、薬の副作用によって味覚が変化する事もあり、調味料の塩味や甘味が苦く感じる等といった事もあります。

その場合は、素材やだしの味を活かし極力薄味で仕上げ、さし醤油等で好みの味付けに調節できる様にするというのも一つの方法です。

また、卵や乳製品を使用した間食を取り入れたり、食事にオリーブオイル等冷たい状態でも美味しく食べられる油を取り入れる等、1食の摂取量が減っている場合は間食でカロリーやたんぱく質を補ったり、少量でもカロリーが確保できる調理法にする事も視野に入れましょう。

食べる事を無理強いせず、一度に多くの量や品数を出さない

うつ病や認知症等で食欲不振に陥り、食事を食べなくなってしまうと傍にいる家族だからこそ不安になり、つい食事をしっかり食べる事を強く勧めてしまいがちですが、高齢者にとってはその事が負担になり、食事を一層苦痛に感じてしまう事にも繋がります。

根本的な治療や服薬等の対処も並行して行いながら、例えば一皿に集中して食事をする事ができる様にワンプレートの食事にしたり、例えば「昼食はうどん」等普段から決まったメニューを食べていた人に対しては食べなれたメニューの方が食べやすい場合もあります。

また、可能であれば家族と会話をしながら食事ができる、楽しい雰囲気づくりも大切にしたいものです。

高齢者の食欲不振お助けレシピ

ここからは、食欲不振の時にも食べやすい食事のレシピをご紹介します。

一皿で主食とたんぱく質を含む食材が摂れるメニューや、カロリーとたんぱく質が補えるおやつのレシピを揃えています。作り方もシンプルなものが多いので、是非作ってみて下さいね。

卵おじや

おじやは年代を問わず食欲不振時にお馴染みのメニューですね。少量のごま油で香り良く仕上げた一品です。

卵おじや

<材料(1人分)>
・ご飯 茶碗1杯分
・水 200ml 鶏ガラスープの素 小さじ1 塩・胡椒少々
・卵 1個(溶きほぐす)
・青味やほうれん草、白菜の葉先等軟らかい野菜 適量(ほうれん草の場合は茹でておく)
・ごま油 小さじ1/2

<作り方>
1.鍋に水を入れ火にかけ、鶏ガラスープの素を溶かす。
2.ご飯と野菜を入れ、野菜が軟らかく、ご飯がスープと馴染むまで煮る。
3.塩・胡椒で味を調え、溶き卵を回し入れふんわりとするまで弱火~中火で煮る。
4.最後に青味と添え、ごま油を回しかける。

(1人分)約380kcal たんぱく質14g 塩分0.7g

梅とろろそうめん

そうめんを梅の風味で更にさっぱりと、とろろでのど越し良く食べられる1品です。

麺に油を絡める事で、ダマになる事を防ぎます。匂いが少なく、吐き気等がある時にも食べやすいので、食欲の状況によって麺の量等を調節し、無理のない量で食べる事も大切です。

梅とろろそうめん

<材料(1人分)>
・そうめん(乾)1束(茹でて食べやすい長さに切る)
・オリーブオイル 小さじ1/2
・とろろ(長芋50g分 冷凍のものでも可)
・梅干し 1/2個(包丁でたたく)
・オクラ1本(茹でて薄切りまたはたたく)
・サラダチキン(ほぐし身)40g
・めんつゆ(ストレート)150ml
・青味 適量

<作り方>
1.そうめんを茹で、食べやすい長さに切ったらオリーブオイルを絡めておく。
2.器に①、とろろ、梅干し、オクラ、サラダチキン、青味を乗せ、めんつゆを上からかける。

(1人分)約480kcal たんぱく質21g 塩分4.5g(めんつゆは残した場合で計算)

ヨーグルトサラダクレープ

パンよりも口当たりが良く食べやすいクレープで具を包めば、盛り付けも華やかになります。

具のサラダは、ヨーグルトとマヨネーズを合わせる事で通常のマヨネーズサラダよりもさっぱりと食べられます。

クレープ生地は1枚ずつラップで包んで冷凍保存もできるので、具を変えて楽しめます。

ヨーグルトサラダクレープ①

<材料 クレープ生地(クレープ生地6枚分)>
・小麦粉 110g 卵1個 砂糖 大さじ1
・牛乳250ml
・油 小さじ1

<作り方>
1.ボウルで◆を混ぜ、牛乳を少しずつ加えて滑らかになるまで混ぜる。
2.フライパンに薄く油をひき、お玉1杯分の生地を入れてフライパンを回しながら広げる。
3.弱火で焼き、表面が乾いてきたら裏返して裏面も軽く焼く。

ヨーグルトサラダクレープ②

<材料 ヨーグルトサラダ(3人分)>
・さつま芋(皮をむいて1㎝角に切る)150g
・きゅうり(皮をむいて薄く輪切りにする)1本
・みかんの缶詰 60g
・プレーンヨーグルト 150g マヨネーズ 大匙1レモン汁 少々◆ 塩・胡椒 少々

<作り方>
1.さつま芋は軟らかくなるまで茹で、水切りし、きゅうりは塩もみをして水気を絞る。
2.①と◆を混ぜ合わせ、塩・胡椒で味を調える。

(クレープ2枚、サラダ1食分)約330kcal たんぱく質9.5g 塩分0.6g

カレードリア

カレーの香りが食欲をそそる一品です。カレーライスよりも見た目のカサが少なく、ご飯にカレーのルウがよく馴染みます。卵を乗せると味がまろやかになり、栄養価が更にアップします。

カレードリア

<材料(1人分)>
・ご飯(軟飯やお粥でも)茶碗1杯分
・カレー(具が大きい場合はブレンダー等で細かくするのがおすすめ)1人分
・ピザ用チーズ 15g

<作り方>
1.グラタン皿にご飯を盛り付け、その上にカレーをまんべんなくのせ、上にチーズを乗せる。
2.トースターでチーズがとろけるまで焼く。

(1人分)約560kcal たんぱく質14g 塩分3.3g

マシュマロで作るムース

マシュマロはゼラチンを含むので、液体と煮溶かして冷やすと簡単にムースを作る事ができます。

レシピはプレーンな味ですが、煮溶かす際に抹茶パウダーやチョコレート、ジャム等を加える事で様々な味を楽しむ事ができます。

マシュマロのムース

<材料(3人分)>
・牛乳 200ml
・マシュマロ 100g
・お好みのフルーツ等 適量

<作り方>
1.牛乳を鍋に入れ、沸騰させない程度に温める。
2.①にマシュマロを入れ溶かし、カップに流し入れて冷蔵庫で冷やし固める。

(1人分)約100kcal たんぱく質4g 塩分0.1g

食べたい時にすぐ用意できる、冷凍保存の宅配弁当も便利

食べたい時にすぐ用意できる、冷凍保存の宅配弁当も便利

高齢者の食欲不振に対する食事の工夫についてこれまでお伝えしてきましたが、その人が「食べたい!」と思った時すぐに高齢者でも食べやすく、栄養バランスも整った食事を用意する事ができたら便利だとは思いませんか。

最近各社が展開している高齢者向けの宅配弁当サービスでは、高齢者でも食べやすい軟らかさで栄養価計算もされているお弁当を冷凍された状態で取り寄せる事ができます。

冷凍庫に保存しておき、食べたいときに解凍してすぐ食べる事ができるので便利である他、その中でお気に入りのメニューは繰り返し注文する事ができるので、「食欲が無い時にも食べられるメニュー」が一つでも増える事で食事を用意する人がメニューに悩む事を減らす事もできます。

食形態やカロリーや塩分に制限がある人向けのものもあるので、市販のお弁当では不安、という場合も安心して利用する事ができますよ。

高齢者の食欲不振は理由に合った対処をして健康状態のリスクを回避しよう

高齢になると食欲が低下する傾向にあり、食事を食べたがらない家族についての食事内容に関する介護相談等も多くみられます。

高齢者の食欲不振は活動量や消化吸収能力の低下、味覚や嗅覚の低下、噛む力や飲み込む力の低下等加齢による身体能力の低下や、持病やうつ病、認知症によるもの等人それぞれです。

これらは高齢者によく見られる症状ではありますが、食欲不振によって食事量が少ない状態が続く事で栄養状態が低下し、更なる活動性の低下や免疫力の低下、認知機能低下等のリスクを引き起こすため、活動量の低下や消化吸収能力が低下している場合は生活リズムや食事の時間帯にある程度のめやすを設け、消化が良く胃もたれしにくい食材を選ぶ事、味覚や嗅覚が低下している場合には味や香りを感じやすい調理や見た目に配慮する、噛む力や飲み込む力が低下している場合は軟かく喉ごしの良い食事にシフトする等、理由に応じた対処が必要です。

また、持病や薬の影響や、うつ病や認知症による食欲不振については治療の経過や症状に応じた更なる個別の対応が必要になるため、主治医と相談しながら嗜好に沿った食事にしたり、ワンプレートの食事等食べる事に集中しやすい盛り付けや、家族との会話がある等楽しく食事ができる雰囲気作りにも目を向けましょう。

最近人気の高齢者向けの宅配弁当サービスは「食べたい」と思った時に解凍するだけですぐに食卓に出す事ができ便利です。

お気に入りのメニューは繰り返し注文ができるため、食事を用意する人が食欲不振時のメニューに悩んでしまう事を減らす事もできおすすめです。

>oharu(おはる)

oharu(おはる)

自身のスポーツ経験から管理栄養士を志し、大学卒業後総合病院の管理栄養士として8年勤務する中で高齢者の栄養サポートやがん患者に対する緩和ケア等のチーム医療にも参加。現在は幅広い年齢層を対象に予防医療の分野で活動中。

【所有資格】・管理栄養士・日本糖尿病療養指導士・病態栄養専門管理栄養士・がん病態栄養専門管理栄養士