歳になっても食べる楽しさを大切に!高齢者の好きな食べ物ランキング

「食べることは生きること」と言われる様に、私たちの生活において「食事」は身体に必要な栄養を摂る手段としてだけではなく、「楽しく食事をする」事で毎日に彩りを与えてくれるものでもあります。

特に施設や自宅で介護を受ける高齢者には「食事が何よりも楽しみ」と話す人は多く、高齢者にとって食事はその人のQOL(生活の質)を左右する、重要な位置づけにある事が分かります。

食事が楽しめる一つの要素として、「好きな物を食べる」という事が挙げられます。

しかし、自分とは世代が異なる高齢者が好きな食べ物がどの様なものか、多くのものが思い浮かばないといった人も少なくはないはずです。

今回本記事では、高齢者がより楽しんで食事ができる、高齢者が好きな食べ物について、高齢者施設や病院が実施する食事アンケート(嗜好調査)と、私が8年間経験した、病院勤務で高齢の患者さんとの関わりをもとに、ランキング形式でお伝えします。

施設や病院の嗜好調査でわかる、高齢者の好きな食べ物ランキング

施設や病院の嗜好調査でわかる、高齢者の好きな食べ物ランキング

高齢者施設や病院では、多くの場合入居者や入院患者を対象に、食事についての満足度や要望等を定期的にアンケート調査を行っています。

この食事に関するアンケート調査は嗜好調査と呼ばれ、食事を食べる高齢者の好きな食べ物や食事に関する要望といった生の声を集計する事ができます。

今回本記事では、高齢者施設や病院がインターネット上で公開している結果をもとに、「美味しかったもの」「食べてみたいもの」といった項目に挙げられた回数や調査内での順位、私が病院勤務時代に行った嗜好調査の結果等を踏まえ、独自にランキングにしました。

その結果を下記にお示しします。

本記事のランキングでは、第4位まではお寿司、天ぷら、鰻、お刺身といった和食のメニューとなりました。

しかし、全体で見るとステーキやエビフライ、ハンバーグといった洋食のメニューがランクインしている事も分かります。

高齢者施設や病院の嗜好調査からわかる、高齢者の好きな食べ物ランキング

第1位 お寿司
お寿司

第2位 天ぷら

第3位 鰻
鰻 ぱくたそ

第4位 お刺身
刺身 photo-ac

第5位 赤飯、炊き込みご飯
炊き込みご飯 photo-ac

第5位 すき焼き、ステーキ
すき焼き ぱくたそ ステーキ photo-ac

第7位 うどん、焼きそば
焼きそば photo-ac

第8位 カレーライス、丼もの
カレーライス ぱくたそ

第9位 エビフライ、ハンバーグ、コロッケ
カレーライス ぱくたそ ハンバーグ ぱくたそ

第10位 お好み焼き、たこ焼き
お好み焼き ぱくたそ

ランキングからわかる、高齢者が好きな食べ物の傾向とは?

ランキングからわかる、高齢者が好きな食べ物の傾向とは?

既にお示ししたランキングから分かる事は、上位にはお寿司や天ぷらといった和食がランクインしていますが、ステーキやエビフライ、ハンバーグといった洋食のメニューも人気があるという事の他、好きな食べ物の味付けや調理法の傾向を知る事もできます。

ここからは、本記事のランキングをもとにした、高齢者が好きな食べ物の傾向についてお伝えします。

和食屋さんの「特別感がある」メニューが好まれている

今回のランキングでは、1位から〜4位までが寿司や天ぷら、鰻、刺身といった和食屋さんのメニューが順位を占めています。

またこれらはお祝い事や季節の行事で提供される事が多い、少し特別感のあるメニューとも言えます。

この事から、もちろん自宅においても誕生日や敬老の日といった行事の際にこれらのメニューを提供する事で喜ばれるだけではなく、例えば散らし寿司や海鮮丼、季節の野菜の天ぷら等、普段の食事の中にも少しだけ特別感が感じられるメニューを取り入れる事でも高齢者にとっての食べる楽しみが格段に増えるでしょう。

しっかりと味が付いた主食が好まれている

高齢者が好きな食べ物としてランクインしているメニューの中には、炊き込みご飯やカレー等の味付きの主食や、焼きそばやお好み焼きといったソースで味付けをしているもの等、しっかりと味が付いた主食が多く見られ、高齢者が好きな食べ物の傾向の一つと言っても良いでしょう。

主食に味が付いたり、具材が加わる事で目先が変わり、食欲増進に繋がります。

また、高齢者の身体的特徴として味覚が鈍くなるという傾向があるため、実際に食べ物を口にした時にしっかりとした味付けである事で美味しさを感じやすくなります。

しかし、介護している高齢者の血圧が高めで、味付きの主食は塩分が気になるという介護者の相談も多く耳にします。

その様な場合は副食の組み合わせを漬物や汁物ではなく、鰹節等のうま味を味わう野菜のお浸し等にするといった塩分の引き算が有効です。

肉料理や揚げ物も敬遠されていない!

「高齢者はあっさりしたものを好むのではないか」その様なイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。

私も病院勤務で経験を重ねるまではそう思っていました。

しかし、実際に今回のランキングにランクインしているメニューを見ても、すき焼きやステーキ、ハンバーグ等の肉料理や、天ぷら、エビフライといった揚げ物も好まれている事が分かります。

確かに、高齢になると消化液の分泌が減少したり、腸管粘膜が萎縮する事によって食べ物の消化・吸収機能が低下し、肉類や揚げ物等の油脂で胃もたれや下痢等を起こしやすくなる人も多くいます。

また、肉類に関しては歯が弱くなる事で、ステーキ等は噛み切る事が難しい場合もあるでしょう。

しかし、それでも肉類や揚げ物が敬遠されず、好きな食べ物として挙げられるという事は、高齢者の「食べたい気持ち」の表れである事を示しています。

冒頭でもお伝えしている様に、食事を楽しめるか否かはその人のQOLを大きく左右するため、例えば肉類は余分な脂身を取り除いたり、湯通しをしてさっと脂を落としてから調理する、胃もたれを起こしにくい米油やオリーブオイルといった油で揚げ物をするといった方法や肉類は筋切りをする等といった方法によって胃腸への負担や食べやすさに配慮し、好きな食べ物を楽しめる工夫ができると良いですね。

高齢者の好きな食べ物も手軽に提供できる、高齢者向け宅配弁当もおすすめ!

高齢者の好きな食べ物も手軽に提供できる、高齢者向け宅配弁当もおすすめ!

今回本記事では高齢者が好きな食べ物のランキングやその傾向についてお伝えしてきました。

しかし、人気のメニューの中には、お寿司や揚げ物、鰻、ステーキ等といった、日常的な食事としては用意が難しかったり、噛む力や飲み込む力が弱くなった人にとっては調理の工夫なしでは食べにくいものもあります。

そこでご提案するのが、高齢者が食事を楽しむ事ができ、尚且つ介護者の負担を軽減できる「高齢者向け宅配弁当サービス」です。

最近各社が展開する高齢者向け宅配弁当は管理栄養士が献立を監修し、全て栄養価計算がされています。

その上、献立のバリエーションが多彩で、例えば土用の丑の日には鰻弁当が登場する等、ランキングにもランクインしている高齢者が好きなメニューも揃っています。

高齢者にも食べやすく調理が工夫されている他、下で潰せるソフト食等、噛む力や飲み込む力が弱くなっている人にも安心な食形態のものもあります。

この宅配弁当は冷凍で配達されるので冷凍庫にストックしておく事ができ、介護者が忙しい時にもレンジで温めるだけですぐに提供する事ができます。

食事の用意をする人が忙しくても、栄養のバランスが良く、高齢者に喜ばれる食事をスピーディーに用意する事ができるのは嬉しいですね!

高齢者の好きな食べ物ランキングは高齢者の食べる楽しみを維持するヒント

私たちの生活において食事は身体に必要な栄養を摂る手段としてだけではなく、楽しく食事をする事は毎日に彩りを与えてくれます。

特に施設や自宅で介護を受ける高齢者にとって食事は1日のうちの楽しみであるという場合も多く、その人のQOL(生活の質)を左右する、重要な位置づけにあります。

食事が楽しめる一つの要素として、好きな物を食べるという事がありますが、介護者とは世代が異なる高齢者が好む食事はどの様なものか、想像が付きにくいものでもあります。

高齢者が好きな食べ物を知るために参考となるデータとして、高齢者施設や病院が行う嗜好調査の結果があります。

今回本記事ではインターネット上で公開されている各施設の結果や自らの勤務経験を基に、高齢者が好きな食べ物をランキングにしました。

高齢者が好きな食べ物の傾向として、寿司、天ぷら、鰻、刺身といった特別感のある和食メニューが上位を占め、その他炊き込みご飯やカレー、やきそば等といった味付きの主食や、一見敬遠されそうな揚げ物や肉類が好まれている事が分かりました。

この結果から、しっかりとした味付けは味覚が低下しがちな高齢者でも美味しさを感じやすい事に加え、特別感のあるメニューや心から「食べたい」と思えるメニューは好きな食べ物として食べる楽しみに繋がる事も分かります。

高齢者が好きな食べ物の中にはその人の噛む力や飲み込む力、消化・吸収能力によって食べる事が難しい場合もあります。

その様な場合は軟らかく食べやすい仕上がりとなる調理法や、メニューだけではなく食形態も豊富な高齢者向け宅配弁当を取り入れながら、食べる楽しみを維持する工夫をする事も大切です。

>oharu(おはる)

oharu(おはる)

自身のスポーツ経験から管理栄養士を志し、大学卒業後総合病院の管理栄養士として8年勤務する中で高齢者の栄養サポートやがん患者に対する緩和ケア等のチーム医療にも参加。現在は幅広い年齢層を対象に予防医療の分野で活動中。

【所有資格】・管理栄養士・日本糖尿病療養指導士・病態栄養専門管理栄養士・がん病態栄養専門管理栄養士